• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
#author("2016-10-22T09:23:34+09:00","","")
#author("2018-02-22T21:36:31+09:00","default:testusr","testusr")
*前置き [#q8fd5adc]
BGA上級者同士の間で使われる戦略として猛威を振るっている最近のトレンド戦略。(2016.10/21現在)

一見すると初心者のやりがちな誤った戦略だが、~
相手の戦略を支配出来る上に、相手の出方を見て柔軟に方針を変えられる優秀な戦略。~
ただし定石と呼ぶには非常に自由度が高く、コリドールの地力が問われる上級者向け戦略。
相手の戦略を防止出来る上に、出方を伺いながら柔軟に方針を変えられる優秀な戦略。~
ただし定石と呼ぶには非常に自由度が高く(派生形が多く)慣れるまでは使いこなすのが難しいか。

超攻撃型から対応型まで豊富なバリエーションが存在。~
知らないまま戦うと敗因が全く見えてこない、いわゆる分からん殺し。
知らないまま戦うと敗因が全く見えてこない、いわゆる分からん殺しになる。

**横型 [#x3bf7e28]
aaa
全て受け切ることが出来た場合、圧倒的な板数の差を利用して逆転するという~
カウンター戦略も有効だが、迂闊な対応をすると圧倒的な差をつけられて敗北するので注意。

**縦型 [#q1eeb8ff]
aaa

#contents




**考え方 [#ic42fc92]
***メリット [#w00f4c99]
-前に出た相手プレイヤーを一旦後ろに下がらせる&左右に移動を振る事で歩数有利を取りやすい
-左右をある程度指定できるので相手の移動先を予め妨害しやすい

***デメリット[#uc7faac1]
-板を使い過ぎる(序盤から3〜4枚は確実に必要)
-前方に板を置く為、自身のゴールまでの距離も増加する~
相手に板をそのまま利用される可能性も


**基本 [#vd713a70]
***横型 [#x3bf7e28]
#quodiv("QHBASsaq")

***縦型 [#q1eeb8ff]
#quodiv("QLBPRKtgapbw")


**縦型対策 [#vc9698bb]
***背面置き [#r3e9647f]
#quodiv(QKDMCTi5GJoMKi)
ターン9の黒手番の前置きに対し、ターン10で白手番はVa1〜Vd1に置く事で遠回りさせられない。~
相手を遠回りさせる為のスペースを開けておく為にVc1又はvd2が適当。


***縦置き [#qa91f2ea]
#quodiv(QNDMCTZGkcKg0qKI)
ターン14では遠回りのリスクを避ける為にHa2に板を置いた。


***横置き [#q24cc910]
#quodiv(QODMjUj0ZAk2kYig)
一見猶予がありそうな為、前置きを放置された結果、最強を受けることが無くなる良い例。~
背後の形も可能性が残るため良い。


**横型対策 [#v69bdffc]
***カウンター [#n23cbb16]
#quodiv(QwBAkylWRspGRGquiwo/GhLs85cAACBK21IiIEJN4CYU)
横型にカウンターを成功させた例。板の差で大いに逆転が可能。
18手目の白の板は相手の板を減少させる目的の[[ギャップ]]。

***互いに前置きも悪くは無いか? [#p3befd0f]
要議論